記事一覧

    ヤードの存在意義とは?1ヤード=0.9144メートルとかいう微妙な違いンゴwww

    ゴルフ飛距離でおなじみのヤードだが実際のところ
    ゴルフ以外ではあまり聞かない。
    主要国ではイギリスとアメリカ合衆国で用いられているらしく
    ゴルフのほか、アメリカンフットボールでも利用されているが
    現状それ以外ではあまり聞かない。
    距離の単位のスタンダードとしてはメートルである。

    ゴルフにおいてもなぜかグリーン上の距離はメートル表記になる。

    1ヤード=0.9144メートルとかいう大して違いのない単位なのだから
    ヤードを廃止したいところだがなんだかんだで特定のスポーツにおいてのみだが
    ヤードは存続している。

    ドライバー200ヤード=182.88メートルとなる。

    男性アマチュアゴルファーの場合7番アイアン飛距離はおよそ140ヤードと言われている。
    150ヤード飛ばしたいと考えがちだがアイアンは飛距離を出すクラブではないので
    自分で再現性のある飛距離が出せればそれがそのクラブの飛距離と考えた方がいい。
    アイアンはフルショットは避けてコントロールショットを心がけたいところだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    72位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    44位
    アクセスランキングを見る>>