記事一覧

    クワドラプル【quadruple】 クアドロプルの意味とは?コンドルの意味も解説

    アメリカ・ペンシルベニア州で開催されている海外メジャー第3戦KPMG全米女子プロゴルフ選手権の
    大会3日目にて渋野日向子がクワドラプルボギーを記録したとの報道。

    プロでは聞きなれないクワドラプルボギーとは一体なんだろうか?

    各ホールには規定打数が定められていてパーと呼ばれる。
    パー4、パー3、パー5が一般的だ。

    パーより1打多いのがボギー、それからダブルボギー、トリプルボギーと続く。
    クワドラプルボギーはその次でクワドラプルは4重、4倍といった意味となる。
    ちなみにあまり言われないがその次5重、5倍はクイントゥプルボギーである。

    パー4コースにおいては8打はダブルパーかつクワドラプルボギーであるが
    そのほかの規定打数コースではずれてくるので異なる。

    アマチュアでは8打叩くことはよくあるがそもそもクワドラプルボギーと表現することはまずない。
    普通に8/3(後ろの数字はパット数)とか言う。

    ボギーの語源はブギーマンだとかカーネルボギーだとかあるようだが
    特段意味はないようだ。

    パーは等しいという意味のラテン語。

    バーディーは鳥(bird)が由来。ある人物が第1打を飛んでいた鳥に当て、
    第2打をカップからわずか数インチのところまで寄せ1アンダーパーだったことから
    バーディーと呼ぶようになった。

    イーグルはバーディーよりも良いスコアであることから、
    小鳥より大きな鳥ということで鷲=イーグルと称した。

    アルバトロスもイーグルにならいアルバトロス=アホウドリ科の鳥は、最も大きな鳥類のひとつである。

    その次はコンドルというらしいがプロツアーで達成された記録はない。
    パー5をホールインワンするという化け物じみたことをしなければならない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    11位
    アクセスランキングを見る>>