記事一覧

    2020年確定申告から青色申告特別控除65万円条件が電子申告必須になる件と準備するもの

    2月中旬から2020年の確定申告申告書提出開始予定だが
    法律改正により2020年申告分より青色申告特別控除65万円の条件が設定された。

    ・従来の条件に加えて「電子申告」を行うと65万円控除
    ・税務署への紙媒体提出では55万円控除に減額
    ・10万円の青色申告特別控除は紙媒体でも電子申告でも変化なし

    当然ながら最大の65万円控除をもらいたいので
    必要なアイテムを記載しておく。

    【2020年所得税確定申告において青色申告特別控除65万円を得るためのアイテム】
    ・マイナンバーカードとマイナンバーカード読み取り対応端末(スマートフォンまたはICカードリーダーとPC)
    または
    ・ID(利用者識別番号)とパスワード(事前に税務署で届け出が必要)

    IDパスワード形式の場合結局事前に税務署に行くという工程が発生するので
    e-TAX(電子申告)の本末転棟感がひどいので普通の人はマイナンバーカード方式を選択するだろう。
    だがしかしマイナンバーカード取得に際して地方自治体に行くことになるのであまり変わらなかったり?
    私の場合は前もってマイナンバーカードを取得しており、読み取り対応スマホも所持しているので
    申告に際して家から出る必要はなし。

    クラウドタイプの記帳ソフトを使用していればほとんどが電子申告対応になっているので
    それを利用するのが早いが、問題はスマホで数字などを入力しなければならないという点。
    パソコン入力に慣れていれば非常に時間がかかりもどかしい。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    21位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>