記事一覧

    コストコ日本での年会費と元を取る方法を考察する

    全国各地で店舗数を増やしているアメリカオリジン会員制スーパーマーケット。
    品数自体は限られているものの、幅広いアイテムが揃っており、
    大抵のものは購入できてしまう。
    ただし1品目多陳列ではないのでしょうゆをいろんなメーカーから選ぶことはできない。
    チーズは割と種類豊富だ。

    【コストコ年会費日本版】
    個人会員(ゴールドスター)4840円
    個人会員(エグゼクティブゴールドスター)   9900円
    法人/個人事業主会員(ビジネス) 4235円
    法人/個人事業主会員(エグゼクティブビジネス) 9900円

    個人会員がなぜゴールドスターなのか不明だがカードに
    ゴールドスターのシールが貼られる。ビジネスの場合シールなし。
    ビジネスの場合個人会員よりちょっと年会費が安く特段デメリットもないので
    ビジネスを作れる人はビジネスを選択したほうがいい。
    ビジネス会員専用のクーポンも存在する。

    エグゼクティブは買い物金額の2%が翌年2月に還元されるため、
    9900-4840=5060円以上のキャッシュバックが得られそうなら
    エグゼクティブの方がお得。1年間に253000円以上買い物するならば
    キャッシュバックで元が取れる計算となる。

    ついでにエグゼクティブ会員専用クーポンも利用できる。

    既存会員のうち翌年も継続する比率は90%以上とのこと。
    それだけ満足度が高いのだろう。
    たまに行くとエンターテイメントとしても楽しめるのでお得だ。

    コストコは約90%の原価率と非常に原価が高い。
    消費者としてはそれだけお得に(原価に近い価格で)購入できている一方、
    コストコは囲い込んだ顧客の年会費収入で潤いウィンウィンの関係だ。

    年会費の元を取るのは簡単。
    コストコクレジットカードを作り、エグゼクティブ会員で年間253000円以上の買い物をするだけ。
    コストコクレジットカードの年会費は無料で還元率は1.5%だ。
    エグゼクティブの2%を合算で3.5%の還元が得られる。

    原価率が非常に高そうなのがホットドッグだ。
    ホットドッグに加えてコールドドリンク飲み放題付きで180円と破格。
    ホットドッグのトッピングオニオンなどはかけ放題。
    デメリットとしてはフードコートの待ち時間が非常に長いことだろうか。

    カーピットサービスがある店舗ではタイヤ交換もお得。
    4本タイヤ交換するだけでクーポンなどで元が取れて余りある。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>