記事一覧

    天気の子特別エンディングそれでも僕らはこの世界で生きていく

    天気の子は初めて観たが感動した。
    最後に二人が再会して終わるエンドすこ。
    その後は想像におまかせしますスタイルは
    君の名はでも同様だった。
    秒速5センチメートルもハッピーエンドではないが
    ヒロインは再会したことを知りもしないが
    出会って終わった。

    テレビ版の特別エンディング、世界は変わってしまった。
    それでも僕らはこの世界で生きていく。
    2020年に変わってしまった世界、
    2021年も世界中でウイルスが蔓延し変わってしまった日常。
    それでも人類はこの世界を生きていくしかない。

    穂高がやったのは銃刀法違反だけでなく、
    殺人未遂、公務執行妨害、自転車窃盗未遂と
    枚挙にいとまがないし非難されるべきだが
    陽菜だけは穂高を守るだろう。
    世界中が敵でも君だけが味方ならそれでいい。

    協力して逮捕された社長や姪っ子も
    無事で良かった。
    社長の娘エピソードは必要だったかやや疑問だが。

    今回の天気の子は美麗風景はもちろん、
    バイクカーチェイスに乱闘もあり
    動きのある映像となっていた。
    動きがあると作画はより大変になるので
    制作は大変だったと思う。

    それでも僕らはこの世界で生きていく。
    それでも人類はこの世界を生きていく。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>