記事一覧

    千と千尋の神隠しでお父さんが誰もいない屋台で貪っていた謎の茶色いブヨブヨはシーラカンスの胃袋らしい

    別の情報によるとシーラカンスの胃袋ではなく小羊の胃袋という説もあるらしい。
    そのほかシーラカンスの浮袋という説も。
    画像から肉類ではなく謎の物体としか言えない。
    神様の集う温泉街で神様に振舞われる食事なので
    人間の料理の概念が当てはまることはないだろう。
    食べてしまうと理性を失い豚になってしまう。
    ぱっと見、中華料理だとか台湾料理だとかに見えるが
    似ているだけで人間界の食べ物ではないだろう。

    他の説としてはバーワンというものもある。
    肉圓(バーワン)は、台湾料理の一種。18世紀に泉州移民が台湾の彰化県で始めたという。
    肉餡をでんぷんの粉でつつんで蒸しあげたもので、薬味、ソース、タレなどをかけて食す。
    がしかしスタジオジブリがバーワンであることを否定しているようだ。

    先人の記録によると、過去にシーラカンスを食べた人はいるようで
    シーラカンスはクッソまずい上に寄生虫だらけで食べられたものではないらしい。
    魚でも以上にまずい魚って存在するんだな。

    実際のところ画像は示したものの、実際に何であるかという設定まではされておらず
    結局のところ、「謎の茶色いブヨブヨ」以外の何物でもないようだ。

    父母が無作法に食事を貪るシーンは温泉街が普通の世界ではないという暗示、
    罠にかかっているという暗示がある。
    結果的に貪っていた父母は最後には豚そのものになってしまった。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    20位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    14位
    アクセスランキングを見る>>