記事一覧

    ポカリスエットのジェネリック?OS-1(オーエスワン)とイオンウォーターとの違いを比較検討する

    大塚ホールディングスの株主優待にイオンウォーターの粉末が入っていた。
    イオンウォーターといえば、ぱっと見色が薄いポカリスエットなパッケージで
    味もポカリスエットより薄い&ローカロリーなイメージ。
    自動販売機なんかでは価格が一緒なのでどうせならポカリを選んでしまうが
    用途というか適切なTPOについて考えてみたい。
    販売店は限られるが極めて脱水状態時の経口補水液、OS-1(オーエスワン)も販売されている。

    大塚ホールディングスによると違いは次のように説明されている。

    ポカリスエットは発汗初期の汗の成分と同じ電解質組成の飲料で、
    脱水時に水分・電解質を補給するために適した組成です。
    ポカリスエットイオンウォーターは汗をかいていない日常シーンにおいても、
    水分を適切に補給いただけるよう電解質バランスに配慮し、低カロリーでスッキリとした後味の飲料です。

    要するに

    OS-1(オーエスワン)⇒異常脱水時(重篤な脱水状態、嘔吐時)
    ポカリ⇒発汗時、脱水初期(運動中や運動後)
    イオンウォーター⇒日常シーン

    重篤度によってオーエスワン、ポカリスエットを使い分けるようだ。
    イオンウォーターは日常生活時の水分、ミネラル補給に。

    異常脱水時にポカリスエットを含むスポーツドリンクを飲用した場合、
    電解質濃度が低いことに起因する低ナトリウム血症から水中毒を引き起こす危険がある。
    もちろん通常の水補給よりはリスクが低いがOS-1(オーエスワン)にしておくのがベストのようである。

    価格もオーエスワンは清涼飲料水ではなく個別評価型病者用食品というポジションから
    実売価格198円程度とやや高くなっている。

    ちなみにもらったパウダータイプのポカリスエットイオンウォーターであるが
    量を確保するためと氷を入れるためか、標準の180mlに溶かすよりかなり
    薄く作ってしまうことになりがちだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>