記事一覧

    マクドナルドで揚げたて新鮮なフライドポテトやハンバーガーを入手する方法的なw

    世間の主婦の皆さんはスーパーマーケットで陳列棚の後ろ側にある商品を
    選んでカートインすることはないだろうか。
    後ろ側であるほど賞味期限が長い可能性があることから特に
    消費期限の短い牛乳において歯抜け状態になった陳列棚をよく見かける。

    外食の場合はすぐに消費するので消費期限を気にする必要性は乏しいが
    それでもコンビニ弁当はより新鮮(製造日時が新しい)なものを追い求める傾向がある。
    セブンイレブンは消費期限が迫った商品にエコポイントを付与するなど対策している。

    マクドナルドにおいてもどうせならシャキシャキレタスの入ったハンバーガーが食べたい。
    ポテトも揚げたてがいいという御仁も多いだろう。

    ポテトを揚げたてでもらう確定的な方法は「塩抜き」を頼むこと。
    揚げられているポテトは通常の塩アリなので
    塩抜きはすぐに揚げるしか提供する方法がない。
    塩が欲しい場合は「別添えで塩もください」と付け加えればいい。
    私は揚げたてが欲しいというよりも塩からいので塩抜きでケチャップで食べることが多い。

    それ以外の方法として注文時に「レシートもらえますか」と最後に付け加える方法。
    クオリティチェックのための覆面調査員は精算のためにレシートを要求するので
    店側が覆面調査員である可能性を考慮してよりクオリティの高い商品
    (揚げたてポテト、新鮮なレタス入りバーガー)を提供してもらえる可能性がある。

    後者の方法は受け取り時に記載されている番号(レシート)が必要なため
    あまり意味がないかもしれない。
    レシートと領収書では有効性は変わらないが、レシートよりは領収書を
    求めた方がより効果的な可能性がある。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>