記事一覧

    ヤフーショッピング(Yahoo!ショッピング)の優良店判定基準は公開されていないが目安となるのがこちら

    ヤフーショッピングには「優良店」という指標がある。
    その基準となるのがストアパフォーマンスで表示されている各項目だ。

    ・注文件数(過去6か月間)
    ・注文金額(過去6か月間)
    ・出荷の速さ
    ・出荷遅延率
    ・送料無料率
    ・お届け日指定可能率
    ・お届け日の最短日数
    ・ストア都合キャンセル率
    ・ストア低評価率
    ・ストア評価平均点
    ・商品レビュー低評価率
    ・商品レビュー平均点
    ・問い合わせ率
    ・問い合わせにおける回答の速さ

    これら14項目において
    「ランキング上位項目数6個、ランキング下位項目数2個」であれば
    優良店判定となっている。

    これらの基準から概ねの目安としては

    ・ランキング上位項目数40%以上、かつランキング下位項目数20%未満

    あたりであると推測される。

    14項目においては比重が均等ではない可能性は高い。
    例えば問い合わせ率が5%未満で上位であれば
    問い合わせの速さの項目は判定外となり
    上位でも下位でもなく、対象外となる。

    他店の評価具合も考慮すると売り上げ規模(注文件数と注文金額)は
    さほど重視されておらず、配送部分(発送の速さなど)と
    ストア評価が重視されている傾向があるようだ。

    一般論であるが配送が早ければ自然とストア評価も上昇するので
    これから開業予定の人はとにかく注文から出荷までのスピードを
    早くすることが求められるだろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    16位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>