記事一覧

    腎機能検査でおなじみクレアチニンは筋肉量に依存する

    クレアチンは筋肉に存在し、エネルギー源として貯蔵される。
    瞬発力を必要とするスポーツなどに有効なサプリメント。
    肉と魚に多く含まれ、植物にはほとんど含まれない。

    クレアチンの代謝産物がクレアチニンでこれらは窒素を含む。

    クレアチンおよびクレアチニンは体重および筋肉量に依存する。
    そのため若い男性ほど数値は高い。

    クレアチニンクリアランスは糸球体濾過量 (GFR) に近似となるが
    腎機能障害時において、クレアチニンは尿細管からわずかに分泌されることがあるため、
    クレアチニンクリアランスが真のGFRよりも高く出る可能性がある。

    腎不全患者(尿量ほぼゼロ)においては尿中に排泄されることがないため、
    食事由来の窒素(タンパク質)の摂取量とも相関する。
    (体格、筋肉量、体重の変動がないと仮定した場合)
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    16位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>