記事一覧

    ブロンコビリーのランチ限定炭焼きやわらかランチステーキセットに出てくる肉の部位は?

    ステーキハンバーグレストランのブロンコビリーはランチタイムに
    割安な価格でステーキを食べられる店舗である。

    炭焼きやわらかランチステーキはご飯またはパンとサラダバーが自動的に付属する。
    価格は160gオンリーで1518円(税込み)。
    調理液で漬け込み加工処理を施されてはいる。

    確かにやわらかという名に誤りはないのだが当然ながら
    黒毛和牛のようなサシが入った食感ではなく
    なんとなく合成肉を食べているディストピア感が出てしまうのは否定できない。

    炭焼きやわらかランチステーキは部位を明言していないが
    コストを考えるとバラ肉(カルビ)を除き最も多く取れて安いロースの中でも
    肩ロースをやわらか加工していると推測される。

    ぱっと見ひれ肉かと思ってしまうがヒレ(フィレ)は牛肉の3%しかない
    超希少価値のある部位なので使えるはずがない。
    肩ロースで間違いないと思われる。

    ちなみにブロンコビリーではランチメニューにはないがグランドメニューとして
    リブロース、ヒレ、ウルグアイ産サーロイン、熟成サーロインといった
    部位も提供している。ブロンコビリーにはないが他店には
    ランプ、イチボ、ザブトン、サガリなどを提供してるところもある。

    肩ロースは一般的な牛肉の部位で最も安いリーズナブルな価格帯に
    位置するものなので一枚肉として最も安く提供できるのは間違いない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    26位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    17位
    アクセスランキングを見る>>