記事一覧

    確定申告と個人年金保険料控除

    確定申告には3つの保険料控除がある。

    生命保険料控除 生命保険 医療保険 学資保険などが対象 年額8万超支払いに対し4万控除

    個人年金保険料控除 個人年金保険が対象 年額8万超支払いに対し4万控除

    地震保険料控除 地震保険が対象 年額5万円超支払いに対し5万控除

    これらの控除を最大限し活用するにはそれぞれの項目の保険を上限ぎりぎりまでで
    加入するのが望ましい。
    生命保険と医療保険は項目が被るので有効利用とは言えない。
    地震保険は支払いに対する控除額が大きいが地震保険自体が
    あまり有効な手ではない(全壊でも火災保険の2分の1まで、新築であればそうは全壊しない)
    ため私は加入していない。

    生命保険か医療保険で8万程度、個人年金保険でも8万程度支払って
    最大8万の控除を得るのが賢いと言えるだろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>