記事一覧

    シャンピニオンソースとシャリアピンソースの違いを徹底比較してみた

    シャンピニオンソース、シャリアピンソース。
    なんとなく聞いたことがあるが具体的に説明しろと言われてもいまいちピンと来ない。
    松屋でシャリアピンソースのポークソテー定食を
    食べながら思った次第。

    シャリアピンソースは「あめ色に煮詰めたたまねぎとにんにくのソース」で
    かなりパンチのきいた味わい。スタミナが付きそう。
    赤ワインも使われているようだ。
    定食730円で今ならご飯大盛無料キャンペーン中。
    ポークソテーは案外やわらかくシャリアピンソースとの相性もばっちり。
    にんにくがっつりなので仕事中のランチには向かなそうではあるが
    仕事終わりのディナーにいかがだろうか。

    そしてシャンピニオンソースの方。
    シャンピニオンとはフランス語で「きのこ」を指し、
    マッシュルームとたまねぎを炒めて生クリームやオリーブオイルを
    入れたもののようだ。食べたことはなさそう。

    最初松屋でシャリアピンソースを見た時は「シャンピニオンソース」だと思い込んでいたのだが
    松屋の店内専用ラジオでシャリアピンと発音していたのを聞いて違いに気づいた。
    どちらもポークソテーやらハンバーグやら洋風肉料理と相性が良さそうである。

    松屋はシェルメクリ、ならぬシュルクメリ、でもなくて「シュクメルリ」鍋だったり
    オリジナリティあふれる定食が目玉である。
    吉野家は牛丼と冬は牛すき鍋、すき家はなんだろカレー推し?

    シュクメルリはジョージア料理とのこと。
    ジョージアはロシア帝国に征服されソビエト連邦の一部となったが
    その後独立して現在に至っている。
    2008年にはロシアとの間で南オセチア紛争(ロシアグルジア戦争)が勃発している。
    ウクライナと同じく対ロシア路線を取るロシア隣接国であり
    ウクライナと同じリスクを負っている。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>