記事一覧

    北条政子も惚れたかじゃどの(源義高)は冠者殿て書くんだぞ

    北条政子(小池栄子演じる)も見ただけであっさり惚れた感じの
    源義高は木曽義仲の嫡男。源頼朝と木曽義仲との同盟の人質として
    鎌倉に身を置く。頼朝の娘である大姫と許嫁関係となった。

    しかし、その後頼朝と義仲は対立することとなり、かじゃどのは
    追いつめられることになる。

    その後の展開はまあ史実通りにせざるを得ないので
    残念なことだが、早々に退場となった。

    当時は正式名称(源義高)を呼ぶことをは無礼なこととされ、
    役職、官職で呼んでいたという。

    清水冠者が正しい役職で、かじゃどのとなったようだ。
    源頼朝もかまくらどのと呼ばれていた。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    11位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>