記事一覧

    山口県阿武町の4630万円誤振込返還請求訴訟被告の田口翔24歳の逃亡先とは?

    阿武町は誤振込された4630万円の臨時特別給付金返還拒否の
    元会社員(現無職と思われる)の田口翔24歳を提訴した。

    被告は元勤務先を既に退職し、行方不明になっている。
    自発的逃亡なのか、それとも第三者が関与しているのかは不明。

    今後は4630万円をもとに潜伏生活することになるが、
    訴状により全国に氏名が公表され、更には顔写真も出回っている状況。
    疑似的指名手配といっても過言ではない。

    今後将来に渡って逃亡することは困難であり、また仕事もせずに暮らすのも無理だろう。
    しかし、氏名が知れ渡ったことから就職も困難だと思われる。
    逃亡者が逃げ込むのは氏名を晒す必要のない世界、ドヤというエリアだ。

    田口も西成なドヤ街に身を潜ませることになるのではないか。

    阿武町とトラブルになっており、住民票も移動させることはできず
    移動させたら行方が分かってしまう。
    健康保険や将来の年金受取も不可能であろう。

    この男は若い時分に思わぬ大金を受け取ったことで
    将来を闇に閉ざしてしまったのではないだろうか。

    仮に10倍の4億であったなら人生を働かずに過ごすことができたであろうが
    4630万円ではさすがに心もとない。

    被告は答弁書も出すはずがなく、裁判にも当然出廷せず
    原告阿武町勝利に終わるが、その債権を回収することは容易ではない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    23位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    18位
    アクセスランキングを見る>>