記事一覧

    液体歯磨きリステリンの誤った使い方あるある、まじかよ最低だな 洗口液とは別物だった

    歯周病ケアは将来の全身健康維持につながるのできちんとしなければならない。
    ということで最近電動歯ブラシのあとにリステリンを使うようにしているのだが
    使用方法が思いっきり誤っていたことに気づいて愕然とした話。

    【いままでやっていた歯磨き習慣】
    電動歯ブラシで合計2分以上ブラッシング(基本的に歯磨き粉を付けない)
    そのあとリステリンを口に含み30秒以上クチュクチュやって吐き出す

    【実際のリステリン使い方】
    リステリンは液体歯磨きという名称のものと洗口液という名称のものが存在し、
    私が使ってたのは液体歯磨きであった。液体歯磨きバージョンは
    口に含み30秒やったあと、「歯ブラシによるブラッシング」をする必要があった。

    要するに液体歯磨きを洗口液として使ってしまっていたわけだ。

    【原因】
    恐らくは類似商品モンダミンのCMが大きい気がする。
    お口クチュクチュモンダミン♪のフレーズは最近CMを見なくなっても
    覚えているものでモンダミン自体も洗口液と液体歯磨きバージョンが存在するが
    オリジナルの方は洗口液である。なのでクチュクチュをアピールしていたわけだ。

    【まとめ】
    リステリンには液体歯磨きと洗口液のバージョンがあり、パッケージ表だけでは
    見分けがつかないので誤って購入しないようしっかり裏面をチェックするべし。
    液体歯磨きのリステリンはクチュクチュのあとにブラッシングするものである。
    標準1日2回使用が推奨されている。

    主流となっている販売ラインはトータルケアシリーズ(+、ゼロ+、歯周クリア)で
    これは「液体歯磨き」なので注意が必要だ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    23位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    18位
    アクセスランキングを見る>>