記事一覧

    ボタン電池(コイン電池)、CR2032とCR2025の違いを比較、互換性は普通にある模様

    ボタン電池を使うものとしては今のところ家の中にあるもので
    玄関の鍵、自動車の鍵、扇風機のリモコンが挙げられる。
    どれも大して消費電力が大きいものではないが、ボタン電池は容量少なめなので
    割と電池切れになりやすい。

    使用するボタン電池はどうやら2種類あり、CR2032とCR2025のようだが
    あまり気にせずにCR2025を複数個購入したのだが
    いざ入れ替える段階でどうやらCR2032を使うものも存在することに気づいた。

    そこでCR2032とCR2025の違いを調べた次第である。

    ぱっと見、見た目は変わらない。

    数値は前半2桁と後半2桁で仕様が分かれ、
    前半二桁はボタン電池の直径、
    後半二桁はボタン電池の厚みを示している。
    電圧はいずれも3Vで変わらない。

    以上からCR2032とCR2025の違いは直径ではなく厚みが3.2mmと2.6mm
    わずか0.6mmの違いのようだ。

    単三電池であってもメーカーによっては微妙に長さや太さが異なるものの、
    挿入するスペースはいずれも対応できるように設計されていることがほとんどで
    あるメーカーの単三電池は入らない、もしくはスカスカで電気が通らないということは
    ほぼない。

    ボタン電池のスペーサーにおいても当てはまり、0.6mmの差は
    スペーサーのバッファーによってなんとかなる可能性が大きい。

    問題が出るとすれば3.2mm仕様に2.6mm電池を挿入した場合。
    スペーサーがスカスカで通電しない、しにくいという恐れはある。

    実際に3.2mm仕様に2.5mmを入れてみたが特に問題なく作動した。

    CR2016という更に薄いボタン電池も存在するようだが
    こちらはかなり薄いので分厚いスペーサーでは適応しない可能性は高い。

    いずれにしても規格の異なるボタン電池を使用することは想定されておらず
    あくまで自己責任のもとに使うことになる。
    本ページでは実際の結果を記載したものであり、適用外使用を推奨するものではないので
    注意してほしい。

    販売価格であるが、若干ながらCR2025の方が安いので
    多くの人はCR2025をCR2032のスペースに入れることを試みるのではないだろうか。
    作動しない、しにくい場合は接点に圧力をかけてみるといいかもしれない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>