記事一覧

    【Hero Wars】ヒーローウォーズ 新ペットホルスはコントロールキャラのカウンターとなり得るか検証

    ホルスの帯同スキルで最も有用と考えられるのが不屈である。

    不屈:グリーンカラーで解放されるパッシブスキル、味方全員に確率でコントロールを防ぐ効果を与える。
    スキルパワー12360の場合、69.55%で防ぐことができる。
    最も有用なスキルと考えられるが、ホルス自体を帯同させる必要があり

    やく70%の確率でコントロールを防げるということは
    スタンのアラクネ、魅了のリアン、沈黙のアイザック、ブラインドのフォックス、
    マインドコントロールのダークスターやマーラが甚大な影響を受けると予想される。
    その一方で5種類のコントロール以外のデバフについては言及されておらず
    防ぐことはできないと思われる。

    例えば、ダンテのステータスダウンやノックバック、ヨルゲンのエネルギー獲得不能、
    アスタロスのエネルギー焼却、ネブラのエネルギー減少など。

    アラクネの場合、スタンはハイパージャンプで対象+数名のおよそ3回程度、
    破壊ロボットは前線のおよそ2回程度コントロールが及ぶ。

    リアンはもっと多く自身を攻撃してきた者全てに魅了、第一スキルで全員に睡眠で
    最大10回程度か、ただし睡眠は攻撃されると解除される。

    アイザックは1回のスキルで5回相当。

    このようにコントロールキャラは複数回のコントロールを行ってくるので
    ホルス帯同で70%防げたとしても複数人のコントロールによって
    コントロールされるのは避けられない。

    セバスチャンと併用すれば安定するが、帯同をアクセルから変更するかというと
    答えはノーだ。アクセルによるダメージ分散とそれによるエネルギー蓄積速度UP、
    海藻による回復量UP効果は大きく、セバスチャン+アクセル帯同の方に分がある。

    実際にホルス帯同で最強バトルをやってみたが、目に見えてコントロール予防効果は
    感じることができなかった。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>