記事一覧

    東京電力節電チャレンジ2022とポイント交換方法

    電力不足のため、東京電力管内ではこの夏から節電チャレンジを実施している。
    夏だけの予定だったが冬も電力不足が予想されることから
    節電チャレンジは2023年3月31日まで延長された。

    前年の電力使用実績と当日所定時間内の消費電力を比較して
    減っていれば所定のポイントがもらえるというもの。
    前年極端に電力浪費していたのでなければせいぜい1日10Pもらえるかどうか
    とかなり微妙なレベルである。

    節電ポイントはくらしテプコwebにログインしてTポイントなどに交換できるが
    ドットマネーを一旦経由しないといけない不便さ。
    基本として1節電ポイント=1円換算である(一部ボーナスされるポイントもある)。

    Tポイントの場合1000節電ポイント単位でないと交換できないためハードルが高い。
    Amazonギフト券は294ドットマネー(=節電ポイント)で300円相当と少しお得。
    そのほかにはWAONやnanacoなどがあるが概ね300ポイントからの交換となる。

    これまでの節電ポイントは166程度であるが節電ポイントがくらしテプコポイントに
    変換されるのは節電チャレンジが終わった4月1日以降のため
    それまでは使うことができない。
    そして予想であるが1000はいかなさそう(=1000円相当にもならなさそう)。

    節電ポイントを貯めるため無理して照明を消したりエアコンを消したりといった
    努力はしてないので普通の生活で1000円でも微妙なのに
    努力して6カ月以上で1000円なら割が合わなさすぎる。
    せめて1か月で1000円ならまだいいかなーというところ。

    ポイントはともかく、電力不足で大規模停電とか困りすぎるので
    各家庭でわずかな努力の積み重ねで回避できるのなら協力したほうがいい。

    そして真夏の夜なのにイルミネーションやってるバカ家庭はどうかしてるぜ。
    夜間だから影響は軽微といってもやはりどうかしてるぜ。
    誰もお前の家のイルミネーションに期待してない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>