記事一覧

    ブロンコビリーの一押しグランドメニュー、炭焼き極選リブロースステーキは値段の割に大したことない

    いつもはほぼやわらかランチステーキのミディアムを選択しているのだが
    グランドメニューの炭焼き極選リブロースステーキとブロンコセットを注文してみた。
    リブロースステーキのみ焼き加減「レア」が選択できる模様。
    やわらかランチステーキやサーロインはミディアム以上しかなくレアは選択できない。
    レアが選択できるということはそれほど新鮮で自信があるのだろうと判断した。

    150グラムの場合わずかな脂身とあとは赤身で構成されていた。
    脂身の部分は確かに甘味がありうまく感じたが
    赤身の部分はランチステーキとさほど代わりないので残念。
    レアなステーキが食べられるのはこのリブロースのみなので
    その部分を加味してもコストパフォーマンスに優れているとは言い難い。

    自分の味覚クオリティがへぼいと言われれば確かなのだが
    やわらかランチステーキの調味液処理が優秀とも言える。
    脂身と赤身のバランスが取れた高級肉の候補としては
    サーロインがあるがリブロースより単価安いのであまり期待できなさそう。
    グランドメニューでもリブロースとサーロインしかなくそれ以上の
    クオリティをブロンコビリーに求めることはできない模様。

    グランドメニューのブロンコセット(ご飯とサラダバー、コーンスープ)は660円、
    ランチセット(ご飯とサラダバー、ランチスープ(卵スープ))は440円なので
    スープ差額は220円。確かにコーンスープはなかなかうまいが
    220円の差額ほどの価値があるとは思えない。
    それよりは110円出してランチスープ→ぷち贅沢スープ(今はボルチーニ茸ポタージュ)の方が
    コスパは良い。

    サーロインやリブロースを食べたい場合はランチメニューにはないので
    必然的にブロンコセットになるので仕方ない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    16位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>