記事一覧

    マイファミリー一挙放送、「小春ちゃんに会えたのか?」その答えの真相が悲しい

    リアルタイムでは視聴していなかったが昨日一挙放送を
    おこなっていたサスペンスドラマ「マイファミリー」。

    4つの家族と4人の子どもが大きく関係する本作であるが
    そのうちの東堂家は悲しい最後となってしまったようだ。

    東堂樹生(とうどういつき、濱田岳)は最後のシーンで再会した妻に
    「小春ちゃんに会えたのか?」と問い、妻は頷き涙する。
    そして東堂も同じく静かに涙するのだった。

    東堂の妻、亜希が真犯人に「小春のところに行きます」と伝えて失踪した際
    真犯人は安心したことから、真犯人は小春を殺害してしまっていたことは確定。
    亜希も死んでくれるなら秘密は守られると考えたからだ。

    最後にシーンで登場した妻亜希のスニーカーは泥で汚れていたことから
    真犯人の供述で遺棄現場を訪れて娘の小春と無言の再会を果たしたと考えられる。
    そのことを察した東堂樹生は静かに涙した、と。

    5年前の誘拐事件であり、東堂としても小春が生きている可能性は
    ほぼないことを予想していたであろうが、あまりにも悲しい最後となってしまった。

    それ以外の3家族(鳴沢、三輪、阿久津家)はそれぞれ
    2人目を無事出産する、家族関係修復の兆しあり、娘実咲が意識を取り戻すと
    一応のハッピーエンドを迎えただけに
    東堂家の最後が悲しい。真犯人にめちゃくちゃにされた上に
    真犯人の動機もいまいちだとしか言えない。

    東堂は娘の小春を「小春ちゃん」と劇中呼んでいたが逮捕された真犯人には
    「小春、小春はどうした!」と問い詰めていることから
    それまでは元担当刑事としてちゃん付けしていた、
    関係者と悟られないように努めていたのが普段から出てしまったと予想されている。
    実の子ではない説もあるが誘拐後の必死さから可能性は低いと思われる。

    できれば小春ちゃんは妻亜希さんと一緒に暮らしていたという展開を期待したが
    さすがに無理だったのだろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    8位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    7位
    アクセスランキングを見る>>