安楽亭が焼肉食べ放題チェーンで一人負けなのは肉質メニューが壊滅的だから - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    安楽亭が焼肉食べ放題チェーンで一人負けなのは肉質メニューが壊滅的だから

    安楽亭の食べ放題メニューはひどい。
    最上級グレードコースであっても目玉となり得るものが一つもない件。
    最上級グレードコースの名前は「極ゴージャスコース7,980円(税込8,778円)」。
    まず値段が高すぎる。
    焼肉きんぐの最上級グレードは4378円で厚切り牛タンが注文できる。
    厚切り牛タンは主にタン中のよりタン元に近い部位を使用しており
    ぺらっぺらのタンサキとは違いジューシーでうまい。

    対して安楽亭の最上級コースはクソ高いにもかかわらずタンが
    焼肉きんぐよりも明らかにグレードが低い(タン中のタンサキ側)なのがひどい。

    安楽亭の2022年3月期の客単価は1896円で食べ放題専門の焼肉きんぐよりも明らかに低い。
    焼肉きんぐの客単価は推定であるが3000円以上であろう。
    これは安楽亭が食べ放題以外もやっているのが理由だが
    「安楽亭の食べ放題に魅力がない」と同義でもある。
    上述の「極ゴージャスコース7,980円(税込8,778円)」という高級コースがあるのも関わらずだ。
    「極ゴージャスコース7,980円(税込8,778円)」の注文比率は極めて低いと予想できる。

    焼肉きんぐは最上級のプレミアムコースは厚切り牛タン一択であるが
    ミドルグレードのきんぐコースにも4大名物というそれなりに見栄えのするコンテンツを用意しているのが大きい。

    以前はドリンクバー付きファミリーカルビ200グラムで1320円という低価格が売りであった安楽亭だが
    牛肉高騰によりあっという間に500円くらい値上げされた(牛肉減量によるサイレント値上げも含む)。
    当然低価格ランチ需要層は離れる。実際に私も来店頻度が激減した。
    安楽亭でランチに2000円近く払うのなら焼肉きんぐで3500円くらい出して厚切り牛タンを含む
    食べ放題を注文したほうがいい、との思考になるのは必然だ。
    当然ながら「極ゴージャスコース7,980円(税込8,778円)」は一切選択肢に入らない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    20位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    17位
    アクセスランキングを見る>>