かっぱ寿司がスシローより進化していたと感じた点 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    かっぱ寿司がスシローより進化していたと感じた点

    100円寿司黎明期のトップランカーであったかっぱ寿司。
    当初はよく利用していたものの、後発のスシローなどに追われ
    気づいたら業界4位のBクラスが定位置となってしまった模様。

    ちなみに1位から5位の順位は次の通り。

    1位:株式会社FOOD & LIFE COMPANIES 2049億円 スシローの運営会社
    2位:くら寿司 1358億円
    3位:はま寿司 1200億円
    4位:カッパクリエイト 648億円 かっぱ寿司の運営会社
    5位:元気寿司 魚べい 341億円

    ペイペイクーポンで5%還元があったため店舗を探してかなり久しぶりに訪問してみた。
    平日2時過ぎなのにまあまあ客はいた。

    先進的と感じたスシローだったが今となってはかっぱ寿司のほうが有能感があった。
    その理由が次の通り。

    ・フルオーダー&特急レーン
    →はま寿司がやってる特急レーンのようなもの。専用レーンではないが自分の席で止まるので
    取り忘れがない。回転もよさげである。

    ・ガリ注文もオーダー制
    →例の寿司ペロ事件などを受けての対策と思われる。1皿あたりのガリは少な目で
    何皿も頼むのは気が引けるのが弱点ではある。

    ・会計時の店員チェックがない&セルフレジ
    →スシローでは会計時店員チェックがあるので回転率に影響か。
    セルフレジは使いこなせるかどうかは人による。

    ・1貫50円から注文できる
    →2貫は要らないなあといったシチュエーションに便利。あれこれ多種類を食べたいときにも。

    寿司ネタのクオリティも改善されスシローと差がないと感じた。
    立地的にはスシローのほうが便利なのだがたまにはかっぱ寿司もいいかもしれない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>