タンパク質の摂取推奨量とプロテインの活用 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    タンパク質の摂取推奨量とプロテインの活用

    腎臓病、とりわけタンパク質が糸球体から流出してしまうネフローゼ症候群の場合
    厳しいタンパク質摂取制限が課せられる。
    しかしながら健常人においてタンパク質は必須栄養素であり
    推奨摂取量をクリアするのが望ましい。

    推奨摂取量としては男性65g、女性50gとされている。
    年齢によって多少の変動あり。
    一般的な食生活の場合、これをクリアするのはなかなか難しい。

    特に朝食はパンのみの人もいるだろうし特に朝は肉や魚を食べない人が多いので
    1食あたりのたんぱく質20gを下回る可能性が高いだろう。

    プロテインは液体のもの(溶かすタイプ)、固体のプロテインバー、
    飲みやすく調整されたゼリータイプと様々だが
    おおむね15~20gのたんぱく質が気軽に摂取できるので便利だ。
    糖質と脂質は控えめに作られているので肥満対策にもなり得る。
    長期間継続して摂取するものなので自分に合った味やタイプを
    試行錯誤で追い求めることが大事だ。

    昼食と夕食は肉や魚などタンパク質を取る機会が多く恐らくだが
    20gはクリアできることが多いと思われる。

    ハードな筋肉トレーニングをするボディビルダーでなくとも
    1日1食はプロテインでタンパク質補給する(=糖質、脂質制限につながる)のがおすすめだ。

    除水に耐えられる量は筋肉量(=体水分率)に比例するので
    若いうちから筋肉量の維持増進に努めるべきである。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>