刑法230条名誉毀損罪の定義と成立要件、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    刑法230条名誉毀損罪の定義と成立要件、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損

    刑法230条名誉棄損罪条文は次の通り。

    「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、
    3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」

    事実を摘示は、事実として周囲に伝えることであるため、必ずしも真実である必要はない。
    真実だろうと真実を装った虚偽であろうと、結果として相手の名誉が傷つけられた場合は
    名誉毀損の要件に該当する。

    名誉棄損の名誉は社会的名誉となる。
    個人や企業が社会から受ける評価が落ちることを意味する。

    名誉棄損罪には刑法230条の2において免責事項が設定されている。
    公共の利害に関する場合の特例とされるのが以下の3点。

    ・公共の利害に関する事実
    →公表する事柄の内容が、社会や多くの一般人の利害に関係するものであること。

    ・公益を図る目的
    →理由動機が公益(社会の利益)であること。

    ・真実であることの証明がある
    →自分の公表した事柄が真実であることを証明する証拠を刑事裁判で認められる。

    以上より名誉棄損罪で逮捕起訴された場合、実際の行為が免責事項の3点に該当する
    ものであることを被告人は証明することになる。

    一般的には逮捕前段階でこれら免責事項に該当すると警察検察が判断した場合は
    逮捕されない(逮捕状は発行されない)。
    その場合、公共の利害に関する事実であるか、公益を図る目的であることが
    客観的に判断された結果と言える。逮捕起訴された場合は真実であることを
    刑事事件内で証明していくことになる。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>