令和6年能登半島地震の影響で円高に振れる可能性を指摘 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    令和6年能登半島地震の影響で円高に振れる可能性を指摘

    令和6年能登半島地震は本日発生した大規模地震であり、
    現在も津波警報が発令されている。

    日本国内の災害発生時には外貨を日本円に換える動きが
    高まることから円高が進むと予測されている。

    損害保険会社が地震保険の支払いが増える事を見越して
    外貨建ての保有資金を円に換えるらしいが
    規模的にどれほどの影響があるかどうか分からない。

    東日本大震災の時も円高が一時的に7円ほど進んだ過去がある。
    今回の令和6年能登半島地震は東日本大震災より規模が小さいため
    3円程度円高になるのではとの観測があるが実際はどうだろうか?

    株式市場はまだ休みなので休み明けに影響が出るかどうか、
    あまり影響ないと予測される。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>