映画「レオン」は当時衝撃を受けた、ソルティレイもレオンみがある - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    映画「レオン」は当時衝撃を受けた、ソルティレイもレオンみがある

    主人公の殺し屋はジャン・レノ、これがまたかっこいい。
    ヒロインの少女はナタリー・ポートマンが演じている。
    奇妙な同居生活が描かれるがそれがとてもいとおしい。
    殺し屋の最期はまあ、ああいうことになるのだが
    ハリウッド映画にありがちなラスボス倒して二人でキスしてグッドエンドではないところもよい。
    グッドエンドではないけれど未来を予感させるフューチャーエンドというか。

    ソルティレイもおやじと少女の物語である。
    スペルはSoltyReiとなる。
    ソルティは機械仕掛けの少女なのだが
    ソルティと出会ったロイ・レヴァント(CV中田譲治)は荒んだ心が
    少しずつ変わっていく過程が描かれている。
    ソルティの成長と葛藤も描かれているのだが
    実際はロイ(CV中田譲治)に萌えるアニメとも言われていたり。

    中年男性と少女という関係は現代日本においては父娘でない限り
    犯罪的というか世間的には通報案件である。
    もちろんこの2作品の彼らにはそういった関係はあり得ないし
    疑似的な父娘関係といったところだ。

    少年と少女という関係ならより健全でありラピュタのパズーとシータをはじめ
    多くの作品でまあよくあるキャラ相関なのだが
    敢えて中年男性と少女という関係性に設定したところが妙味である。

    少女に限らず子どもが成長していく過程はまぶしく誰もが
    注目するポイントなのだが実際は中年男性も大いに成長(肉体的ではなく
    精神的というか)・変化していくところが面白い。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>