ドリップコーヒー、エスプレッソ、レッドブルなどカフェ飲料のカフェイン量を比較する - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    ドリップコーヒー、エスプレッソ、レッドブルなどカフェ飲料のカフェイン量を比較する

    カフェインは少量であれば覚醒効果が期待できるが過剰摂取で
    心房細動など不整脈発生、頻尿、不眠など悪影響も生じるリスクがある。
    それゆえに飲料に含まれるカフェイン量は正確に知っておかなければならない。

    ドリップコーヒー、エスプレッソ、レッドブルに含まれるカフェイン量は以下の通り。

    ・エスプレッソ1杯(30ml):60mg
    ・ドリップコーヒー1杯(150ml):90mg
    ・レッドブル1本(250ml):80mg

    このように並べるとエスプレッソが最もカフェイン量が少ないことになるが
    実飲量が異なるためである。比較のために100mlあたりのカフェイン量に合わせてみると

    エスプレッソ100ml:200mg
    ドリップコーヒー100ml:60mg
    レッドブル100ml:32mg

    ということでエスプレッソが100mlあたりカフェイン量が最も多いことになる。
    ただしエスプレッソを100ml飲むことは普通ない。
    カフェラテの場合、エスプレッソ30ml程度であとはミルクである。

    カフェイン量が多いと言われがちなエナジードリンクであるが
    レッドブルの場合1本250mlで80mgとコーヒーと比較して決して多くはない。
    エナジードリンクが問題になるのはむしろ糖質量であり、
    1本でかなりのカロリーとなるため注意が必要である。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>