現行民法での片親親権から共同親権へ - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    現行民法での片親親権から共同親権へ

    現状、単独親権といって家庭裁判所等で確定させた親権保護者(大抵母親)が
    子どもの養育を行う。一方、親権者とならなかった親(大抵父親)は
    子どもに会う機会がなく、子どもへの愛情自体も薄れゆくものとなる。

    父母は、婚姻関係の有無にかかわらず、子どもへの責務をはたさければならない
    との定義に基づき離婚後も父と母、双方に親権を認める共同親権を導入することが決定された。

    ただし現在単独親権が自動的に共同親権になるわけではなく
    家庭裁判所において共同親権とするか単独親権とするかが協議されることになる。

    共同親権とすることで父母間で子どもの取り合いが続くことが懸念される。
    もっとも子どもは物ではなく取り合うものではない。
    子ども本人の意思として会う、合わないは決定されるべきだ。
    その一方で親権者でない親においても「会わない」という意思は尊重されるべきである。
    結果として双方がどちらも会いたいとなった場合のみ会うことが望ましい。
    どちらか一方が会いたくないという事実がある場合、会うべきでないだろう。

    現状維持が優先される世界なので現在単独親権の場合、
    共同親権に切り替えるのは非常に困難。
    今後離婚する家庭で単独親権とするか共同親権とするかは話し合われるだろうが
    いずれにしてもどちらか一方と暮らすことになり
    面接交流の問題は親権問題とは別に存在する。
    「子どもが会いたくないと言っている」という理由で会わせない事例は多々あるだろう。

    たとえ子どもであっても他者に固執する生き方は望ましくない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>