ゲーム世界での忍者がクッソ強い原因はウィザードリィな可能性 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    ゲーム世界での忍者がクッソ強い原因はウィザードリィな可能性

    ゲーム世界での忍者は上位ジョブ、強力スキルを持つ強キャラな設定が多い。
    忍者さすが汚い、忍者、正確には「汚いなさすが忍者きたない」だったり。

    認識している限り最初に忍者が登場したのはウィザードリィとされる。
    ウィザードリィは欧米発のゲームだが欧米のニンジャ、サムライに対する
    リスペクトは異常なほど。

    ウィザードリィのニンジャは上級職の中でも最も厳しい転職条件を誇る。
    AC(アーマークラス、防御力と回避力を合わせたような数値)がレベルアップとともに下がる、
    首ちょんぱ一撃殺のクリティカル能力を持つ、性格が悪じゃないとなれないとか
    いろいろ設定が面白い。

    日本発ロールプレイングで登場したのはFF3が最初だろうか?
    FFのニンジャと言えば「投げる」コマンドである。
    割と楽に9999ダメージが出せる。

    FF4のニンジャ、エッジはラストパーティまで残った。
    セシル、カインに比べると直接攻撃能力が低いが投げるコマンドは健在。

    FF5でも最終盤のクリスタルで得られる上位ジョブに位置する。
    ジョブ特性「にとうりゅう」はしんりゅうやオメガ撃破に必須クラスの重要度であった。

    FF6で忍者ポイのはシャドウであろう。魔大陸で彼を死なせた初見プレーヤーは数知れず。
    トレジャーハンターのロックもまあ忍者ぽい感じはする。

    FF7のユフィに恋をした少年は数知れず。マテリアだけでなく心も盗まれてしまったのだ。

    FF11のブロントさんの名言は別に忍者が汚いわけではない。
    忍者というジョブが優遇されているのはまあ確かであった模様。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>