マイナ保険証、国家公務員も利用低迷 現行保険証は2024年12月廃止へ マイナンバーカード更新方法は? - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    マイナ保険証、国家公務員も利用低迷 現行保険証は2024年12月廃止へ マイナンバーカード更新方法は?

    マイナ保険証、マイナンバーカードと健康保険証が一体化されたものを
    指すようだが私個人としては保有していない。
    現行マイナンバーカードの有効期限を見ると2026年だが更新時に
    恐らくマイナ保険証に切り替わるのだろう。

    国家公務員の利用率が4・36%だったとのこと(昨年11月調査時)。
    公務員だとしても強制的に切り替えしているわけではないので妥当だろう。
    現行マイナンバーカードが期限切れになって更新されていかないと普及率は進まない。

    マイナ保険証の利用率は、医療機関が受診者の医療保険の加入情報などを
    オンラインで確認する際に従来の保険証でなくマイナ保険証が使われた割合らしい。
    だって持ってないのだから利用できるわけないよね。

    マイナ保険証の場合、券面を見ても保険情報を読み取ることができず
    専用の端末を通してリーディングすることになる。
    そのため専用端末が使えない停電時(災害発生時)はどうしようもないという問題点は
    現状解決されていない。それぞれに非常用電源を配置するもの非現実的だ。

    現状マイナンバーカードを利用する機会は「確定申告時のe-tax認証時」、
    「税務署のお知らせ閲覧時ログイン」に限られる。
    よって自宅に保管されていて外出時に財布に入れて持ち歩く習慣はない。

    今後健康保険証だけでなく運転免許証も兼ねる可能性は高く、
    そうなるとカード枚数が減るのはうれしいが紛失リスクに怯えることにもつながる。

    マイナポイントもうまうましたあとでこれ以上の普及は見込みがない気がする。
    現時点で79.2%程度とのこと。(令和6年1月28日集計)
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    15位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>