新NISA2024、非課税期間の無期限化は限度額設定あり1800万円(うち「成長投資枠」1200万円) - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    新NISA2024、非課税期間の無期限化は限度額設定あり1800万円(うち「成長投資枠」1200万円)

    2024年から開始されている新NISA制度。
    金額が大きくなった以外にも大幅に優遇されている部分がある。

    それは非課税期間の無期限化である。
    旧NISAの場合非課税期間(NISA期間)は5年間であり、5年経過後には
    その時点での時価総額で一般口座(特定口座含む)に払い出される。
    要するに非課税期間は有効期限が存在していたのだ。

    新NISAでは非課税期間が無期限化された。
    といっても未来永劫とは限らず新たな制度が決定されるまでではあるが。

    もちろん無制限で非課税ではなく、最大で1800万円(うち「成長投資枠」1200万円)である。
    つみたて投資できる投資信託をわざわざ成長投資枠で購入する意義はないので実質的には

    成長投資枠1200万円
    つみたて投資枠600万円

    が半永久的に非課税となるわけだ。
    株式の譲渡益は売却しないと発生しないが売却すると永久ではなくなってしまう。
    それゆえに「売却しないでインカムゲインを獲得し続ける枠」として活用してもらうのが
    日本政府の意図であるのは間違いない。

    1年間の投資額は360万円なので5年経過により非課税枠はすべて埋まる。
    売却することで枠は解放される(6年目以降も枠として使える)ので
    キャピタルゲインガッツリたまったがインカムゲインはほぼない銘柄なんかは
    そのあたりで売却して枠開放するのが妥当な方針であろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>