無用はしてはいけない(must not)であることが多いがしなくてもいい(not have to)なこともある - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    無用はしてはいけない(must not)であることが多いがしなくてもいい(not have to)なこともある

    無用と2文字で書くと必要ではない、不要なものの意味合いとなる。
    一方で他言無用、天地無用の無用は「してはいけない must not」という意味合いとなる。

    心配無用の場合はどうか。心配しなくていい、「しなくていい」という意味合いとなる。

    このように無用はほかの単語次第で意味合いが変わる言葉である。

    ・問答無用
    ・天地無用
    ・他言無用
    ・心配無用

    それぞれ4文字熟語であるが、無用の意味は熟語毎に異なる。

    日本人であれば基礎的なことであるが、日本語を勉強する外国人にとっては
    難解で厄介な言語であると言われるだろう。

    GDP世界4位に転落した日本。英語、中国語、ドイツ語を
    学ぶ方が世界的に得られるものは大きいと考える人は増える。
    世界における日本の価値、もちろん経済規模だけで価値を計れるものではないが
    それでも相対的に落ちていくのは避けられない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>