記事一覧

    最近増えているFXでの収益の確定申告

    私はFXはやらないが将来に向けて勉強しておこうと思う。

    FXの利益は毎年1月1日から年末の12月31日までの利益を
    集計して20万円以下ならば申告の必要はない。
    つまり扱いは雑所得となる。
    これがやらない理由だ。
    雑所得の場合総合所得に含まれるのに、損失を出しても損益通算できない。
    損益通算できるのは給与、不動産、事業、山林のみである。

    20万以下の利益でも年間所得2000万以下のサラリーマンなら
    確定申告は不要。ということで大多数は大丈夫。
    大手企業重役以上くらいかな、必要なのは。

    副業収入や家賃収入、その他投資による収入がある場合は
    FXの利益が20万円以下でもFXの利益とは関係なく
    確定申告する必要がある。

    FXの利益には二種類あり、「金利」と「為替差益」となる。

    売買差益は売買しないと発生しない、株式における譲渡益と同じだ。
    持っているポジション(建玉)の金利は実はFX業者によって変わる。

    1:ポジションを決済するまで金利を受け取れない
    2:ポジションを決済せずに金利のみを引き出す事が可能

    どちらにしても金利を受け取ったら利益確定するので確定申告が必要となる。

    金利分を確定申告する際は同じ年の為替差益と通算が
    可能なので、売買損益が−10万円:金利が10万円なら
    所得は0となるので、確定申告は不要だ。

    いずれにしてもFXは

    1.税制上不利な雑所得になる
    2.金利差は微々たるもの(インカムゲインはあまり望めない)

    ということで私はやらない。
    税制が見直されたら考えるかもね。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>