記事一覧

    3・31生特番!「いいとも!」最終回は歴代レギュラー“同窓会”

    フジテレビ系「笑っていいとも!」(月~金曜正午)の最終回が3月31日に決まり、「グランドフィナーレ特大号」と題したゴールデンタイムの生放送特番で32年の歴史に幕を下ろすことが28日、分かった。東京・新宿のスタジオアルタで正午スタートの通常番組を生放送した後、台場の同局に場所を移して司会のタモリ(68)をはじめ、新旧レギュラー陣が大集合。最終回にふさわしい豪華ゲストも登場し、盛大なフィナーレを迎える。

     「いいとも!」のラストデーが決まった。

     関係者によると、最終回となる3月31日の月曜日は、1982年10月の番組開始以来、公開生放送が行われたスタジオアルタで、タモリと現在の月曜レギュラー陣で8054回目となる最後の生放送を行う。

     その後、フジテレビのスタジオに場所を移し、「笑っていいとも!グランドフィナーレ特大号(仮)」と題したゴールデンタイムの生放送特番で幕を下ろす。

     特番には、28年のレギュラー出演最長記録を持つ関根勤(60)や26年の笑福亭鶴瓶(62)をはじめ、月曜から金曜日までの現役レギュラー陣40人が集結。芸能界のスター登竜門ともいえる同番組から羽ばたいた歴代レギュラー陣も駆けつける。

     これまでレギュラー出演したのは、明石家さんま(58)、ダウンタウンらビッグネームを含む約290人。当日の出演者は現時点で決まっていないが、豪華メンバーによる最後の“同窓会”が実現する。

     さらに、国民的番組のフィナーレを飾るにふさわしい豪華ゲストも出演。過去の懐かしい映像を交えながら、出演者のにぎやかで笑い声のたえない「いいとも!」らしいお祭り騒ぎとなる。

     人気コーナー「テレフォンショッキング」の最終回を飾る著名人は、番組終了発表以来、タモリがファンと公言する女優、吉永小百合(68)らの待望論がネットや雑誌などで渦巻いているが、同コーナーで最後にタモリとトークをする人物も注目される。

     新旧レギュラー陣や豪華ゲストとのにぎやかな生放送で、タモリは慣れ親しんだ「いいとも!」の司会を卒業する。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    76位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    44位
    アクセスランキングを見る>>