記事一覧

    四万十市の移住者用住宅リフォーム補助金制度

    四万十市(しまんとし)は、高知県の南西部に位置する市である。
    2005年(平成17年)4月10日、中村市と幡多郡西土佐村が合併して誕生した。
    高知県西部の中心都市であり、市の中心部付近は四万十川によって形成された
    沖積平野である中村平野が広がっている。市域の大半は山林である。
    旧中村市の中心街は土佐一条氏により、その支配していた時代に京都を模して碁盤の
    目状に区画されており、土佐の小京都として知られる。

    そんな四万十市だが移住者に人気の町のようだ。
    四万十市は移住促進の貯めの補助金が50万円も出るためである。
    土地家屋ともに非常に安く、四万十川では天然のウナギを取ることもできる。
    そのため、都会から移住する人が続出している。

    旅行で四万十川を訪れたことがあるが、やはり日本一の清流と言われているだけある。
    近所に買い物をできる場所はないだろうが、今の世の中アマゾンでも楽天でも
    簡単に通販が利用できる。

    海の幸は市場で激安。アジは5匹で150円、サバ1匹100円など
    驚きの価格で購入することができる。
    カツオも1匹1600円くらいだとか。

    四万十川のウナギも年間6000円の遊漁券で取り放題という。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    138位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    70位
    アクセスランキングを見る>>