記事一覧

    さいたま地裁、ワンセグ放送だけでは受信契約を結ぶ義務はないとの判断

    放送法は「(NHKの)放送を受信することのできる受信設備」がある世帯や事業者に、
    受信料支払いを定めた契約の締結を義務づけている。

    NHKは、この「受信設備」にワンセグが視聴できる携帯電話や、
    テレビが視聴できるパソコン、カーナビも含まれると解釈。
    戸別訪問で「テレビがない」と答えた世帯にも、
    こうした機器の有無を尋ね、所有者には契約を結ぶよう求めてきた。

    ワンセグがあるだけで契約を結ばされた情弱はこの判決を見てどういう気持ちなんだろう?
    ねえ、今どんな気持ち(AA省略)?

    ネットの普及とともにNHKの存在意義はますます希薄になっているのも事実。
    放送法の上にあぐらをかいて殿様商売を続けるのも不可能な時期となっている。
    一度倒産(的な破たん)を経験して民放の一つとしてリスタートするべきだ。
    強制的契約締結を求められる受信料は決して支払うべきではない。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    138位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    70位
    アクセスランキングを見る>>