タイムリープものの重要なところは観測者が孤独であるかどうか - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    タイムリープものの重要なところは観測者が孤独であるかどうか

    タイムリープとは時をかける少女で初出の和製英語、造語である。
    意識のみが時間跳躍し過去や未来の自分の中に入るというもの。
    その時点で本来の自分の意識は消失する(または跳躍してきた意識と統合される)。
    タイムリープは本人以外からはまったく外見上区別することができず
    タイムリープ者は基本的に孤独である。
    タイムリープは意識(記憶)しか跳躍できないので基本的には過去を変えるために
    現在から過去への跳躍となる。

    時をかける少女
    シュタインズ・ゲート
    ひぐらしのなく頃に
    サマータイムレンダ
    東京リベンジャーズ

    時をかける少女はタイムトラベラーが別に存在しているため、
    主人公のタイムリープの目的があまり重要ではない。
    感情移入するのは少女ではなくタイムトラベラーの方であろう。

    この中でシュタインズ・ゲートの岡部倫太郎はひたすらに孤独である。
    だからこその苦悩が描かれ魅力的な作品となっている。

    ひぐらしの梨花には羽入(オヤシロ様)がついてはいるがやはり孤独である。

    サマータイムレンダはウシオ(影)の特殊能力で疑似ループを他者に体験させられるのはずるい。
    それをすんなり信じてしまう仲間たちもさすがであるがこれによって多くの仲間が獲得でき
    孤独感が乏しい。タイムリープものとしては致命的な問題だと言える。

    東京リベンジャーズは現代の橘直人が理解者であり、橘直人の記憶もなぜか
    書き換えられない(過去を変えてもそのことを現代で理解できる)のは大いに矛盾がある。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    27位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    21位
    アクセスランキングを見る>>