記事一覧

    太陽光シミュレーションその3,I市2

    設備総額2260万円(税込み)、造成費、連系負担金、フェンス代込み
    土地代100万円(非課税) 状態不明
    平米、坪、坪単価は情報なし
    1kwあたりの坪数 ?坪/kw
    モジュール発電量74.88kw
    1kw当たりの発電設備コスト28.84万(税込み)
    1kw当たりの合計コスト30.18万円(税込み)ただし込み込みなところあり。
    概算発電量 74880~77000kwh
    年間売上 202万~208万(税抜き)
    表面利回り9.35パーセント

    分譲なのでローン実行より連系までの空白期間はほぼない。想定1ヶ月。
    連系負担金込み、フェンス込み、防草シートは1500円/平米
    日本政策金融公庫融資は返済期間15年で金利2パーセントを想定する。
    3月契約ローン実効とする。

    <初年度費用>
    (ローン総額2260万円)
    元本返済 年額151万×10/12ヶ月=126万
    利息 年額45万×10/12ヶ月=38万円
    土地仲介手数料 分譲なのでなし
    造成費用 込みのためゼロ
    登記費用 5万円
    防草シート 120万円
    フェンス 込み
    連系負担金 込み
    モニタリング設備 詳細不明、とりあえず50万/10年イニシャルコストとする。
    電気代 4万
    メンテナンス費用 12万/年程度か?
    損害保険料 5万/年程度か?
    合計費用360万円。

    購入時諸費用は175万円。

    <初年度売上>
    3月契約ローン実効で連系は4月と想定
    202万×9/12ヶ月=152万円

    初年度キャッシュフローは▲23万円となる。
    前の2件の比べてかなり優しい値となった。
    込み込みなところでイニシャルコストが抑えられるのがうれしい。

    <2年~10年費用>
    元本返済 年額151万
    利息 年額45万     ※実際には元本減少に伴い減少するが考慮しない
    電気代 4万
    メンテナンス費用 12万/年程度か?
    損害保険料 5万/年程度か?
    固定資産税 目安として、土地価格×0.47パーセント
             太陽光価格×1.4パーセント 実際には減価償却済み価格
             合計およそ30万程度か?
    費用合計 247万円

    経常経費は96万円。

    <2年~10年売上>
    202万

    キャッシュフローは▲45万。売電量はかなり控えめだとは思うが

    実質利回り=(年間売上-経常経費)/(土地パネル合計額+購入時諸費用)
    =202-96/2160+175
    =4.54%

    課税事業者となればパネル購入費用の消費税は返ってくるが
    売電収入の消費税分が取られる。3年間だと160万返金、44万徴収
    116万のプラスとなる。防草シートの分も返ってくる(およそ10万)。
    合計126万の消費税返金となる。

    この分を補正すると

    補正実質利回り=202-96/2160-126+175
    =4.80%

    未確定要素が多いが込み込みイニシャルコストが抑えられているのは
    ありがたい。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>