記事一覧

    なつかしの浅野温子、パスポートサイズビデオカメラCCD-TR55ハンディカム

    今やスマホで簡単高画質動画を撮影できる時代となったが
    依然は巨大なビデオカメラで撮影しなければならなかった。

    その中で革新的だったのがパスポートサイズのビデオカメラ。
    浅野温子がCMをやっていた。

    1989年発売のSony CCD-TR55である。
    「ハンディカム」の愛称で親しまれた8ミリビデオカメラ。
    790gという超計量化を実現し、“パスポートサイズ”のキャッチフレーズは一世を風靡した。
    最新技術をおしみなく投入し、旅行が手軽に記録できる時代を作った。

    めちゃイケ日本一周の旅ファイナルにおいて博多華丸大吉が
    語っていたのも印象的である。

    当時はサラリーマン初任給と同じくらいの価格だったと記憶している。
    今やローエンドスマホにも普通に動画機能が搭載される時代。
    当時は携帯電話すら知らなかった。
    平野ノラが持ってるでっかいやつすら知ってる人がいなかったくらいだ。
    時代の進化はすごいものである。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    88位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>