記事一覧

    大手銀行が紙の通帳を廃止することを検討している

    通帳は事業においては仕訳の根拠となる重要なデータであり、
    欠かせないものである。
    個人としてはさほど必要性は感じないだろうが
    高齢者を中心に根強い通帳信仰があるのも確か。
    一朝一夕に決定することは困難だろう。

    銀行は紙の通帳を使う口座を維持するため、
    1口座当たり年間200円の印紙税を国に支払う必要がある。
    国税庁によると銀行業界全体で2015年度に負担した税額は約726億円に上る。

    このため、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクでは紙の通帳の発行を有料化したり、
    毎年の維持手数料を取ったりとの案が浮上している。

    ただ日本の預金者は、銀行口座は無料との認識が強い。
    低金利下で利ざやが稼げず経営環境が悪化したとはいえ、
    大手行の多くは業績好調で、東芝の債務超過解消が確定したことで
    今期は回収不能に備えた貸し倒れ引当金の戻り益も見込める。
    このため業界では「どうやって(預金者の)理解を得るのか難しい」
    (全国地方銀行協会の佐久間英利会長)と困難視する声もある。

    廃止では反発を招くので通帳維持手数料として年額いくらか徴収するので
    いいのではないだろうか。エコ通帳(ペーパーレス)も選択できて
    エコ通帳には手数料が発生しないと。
    必要な人は紙通帳を利用するだろうし、不要な人はエコ通帳にするはず。

    ただ口座内に500万以上保有しているプラチナクラス(三菱東京UFJ銀行の場合)のような
    層はすべて無料とするべきであろう。
    日本は資本主義なのだから金を持っている人、サービス利用する人を
    優遇するのは至極当然のことである。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    145位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>