ダイキンエアコンのストリーマ空気清浄運転と扇風機の消費電力を比較した結果 - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    ダイキンエアコンのストリーマ空気清浄運転と扇風機の消費電力を比較した結果

    比較対象は以下3機種。

    エアコン:S403ATRP-W(ダイキン)
    ACモーター扇風機:F-LLH25X(東芝)
    DCモーター扇風機:The GreenFan(バルミューダ)

    エアコンは冷暖房機能は使用せず、「ストリーマ空気清浄運転」のしずか運転にて(風向き自動)
    ※ストリーマとはストリーマ放電により有害物質を酸化分解するダイキンの技術らしいが
    よく分からん。シャープのプラズマクラスターみたいなものだろうがそれ自体大した消費電力ではない上に
    まあ空気がよりきれいになるならそのままでいいかということで常時オンで

    ACモーター扇風機は2003年製で相当古い。

    DCモーター扇風機は実機ではなくカタログスペックにて(2023年最新モデル)

    それぞれの消費電力は次の通り。

    エアコンのストリーマ空気清浄運転:10~15W
    ACモーター扇風機:43W
    DCモーター扇風機:1.5W 〜 20W

    ということでいずれも弱運転を基準にすると

    DCモーター扇風機が最も消費電力が低く、次いでエアコンストリーマ空気清浄運転、ACモーター扇風機となった。

    とは言え最も大きい43Wであっても1時間つけっぱなしにした場合の電気代は
    1.08円(1kwh単価25円にて算出)なので仮に24時間×30日間常時つけっぱなしであっても
    777.6円くらいである。

    それでもいまどきACモーター扇風機は消費電力が大きいのでDCモーター扇風機が安くなっている今なら
    DCモーター扇風機が最も優れているだろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    25位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    22位
    アクセスランキングを見る>>