記事一覧

    任天堂switch(スイッチ)のカートリッジはギネス登録の最も苦い物質、「安息香酸デナトニウム」を使用している

    任天堂switchのカートリッジは非常に小さい。
    3DSと同じくらい、SDカードくらいである。
    なので子どもが誤って飲み込んだりする可能性がある。
    天下の大企業任天堂はその点も抜かりない。
    世界一苦い物質で味付けされているのだという。

    カートリッジには「安息香酸デナトニウム(denatonium benzoate)」と呼ばれる
    化学物質が使われているとのこと。

    安息香酸デナトニウムは非常に苦いものの、人体に害はなく、
    誤飲防止剤として現在でも使われているらしい。
    その絶するほどの苦さはギネス世界記録にも最も苦い物質として登録されている。
    味覚の検出レベルでは、5億分の1の薄さでも検出され、
    1億分の1に希釈しても「苦味」を感じられるのだとか。

    怖いもの見たさ、いや味わいたさでカートリッジを舐めるユーザーが
    多発しているらしいがカートリッジは小さいので
    誤飲防止のために小さいお子さんの手の届かないところに
    保管するようにしたい。SDカードなんかも同じだけど。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    46位
    アクセスランキングを見る>>