記事一覧

    サンルーフの必要性を全く感じない

    サンルーフというのは自動車の上の部分が開くアレ。
    トヨタ車ではムーンルーフというらしい。

    新車時にしか付けられない装備であるが
    なんとなく付けたくなるものの実用性が非常に乏しい装備だ。
    走行性能やら下取り価格などいろいろな面から
    サンルーフについて検証してみたい。

    1.価格、下取り価格
    サンルーフを付けると10万以上は高くなる。
    その一方で下取り価格も上がる。
    価格自体は先取りの方がいいので新車時安い方がいいだろう。

    2.走行性能、燃費
    サンルーフを装備すると車体が重くなり重心も高くなる。
    その結果、走行性能は悪化し燃費も悪くなる。
    どの程度かは判断しがたい。

    3.快適性
    車内は明るくなるが車内は暗い方が車外への視認性は高まる。
    風を入れて快適に走れる一方、雨漏りの心配があるかも。
    ルパンのように上から走行中に頭を出す行為は道路交通法違反になりできない。
    たばこを吸う人の場合、煙を出すことができる。
    なんとなくかっこいい気がする。

    以上、検証してみたが私にはやはり不要だと感じた。
    欧米の車にはかなりの確率で付いているらしいが
    日本車ではさほどでもないらしいね。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    18位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>