記事一覧

    日本ハム中華名菜八宝菜に入っている八種類の具材の内訳

    まずネタバレだが8種類は入っていない。
    白菜は自分で用意して投入するので実際に商品に入っている具材は
    7種類に留まる。

    ・鶏肉
    ・にんじん水煮
    ・たけのこ水煮
    ・きくらげ
    ・豚肉
    ・しいたけ水煮
    ・うずら卵水煮

    一般的な八宝菜には通常海鮮系、エビまたはイカが入るよう(どちらかというとエビがメジャー)だが
    恐らくコスト的な問題でエビイカは入っていない。
    代わりに肉類として鶏肉が入っているようだ。
    ただし鶏肉の存在感は非常にうすく、入っているのか注意深く観察しないと分からない。
    豚肉は分かりやすいが量は決して多くはない。

    最新のパッケージでは白菜に加えてもやしを自分で投入することで
    かさましレシピに変化している。

    具材だけではなくドロリとしたスープも入っているのでとろみのついたしかも
    量が多い八宝菜ができるのは間違いない。
    とろみが高く保温性能も良いので冬場の一品にはもってこいだ。
    まあ白菜は冬しか販売されてないので夏はキャベツとかで代用となるだろうか。

    その一方で白菜もやしの比率が非常に高く、肉海鮮卵は乏しいので
    できれば自前で用意したほうが華やかな一皿となるだろう。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    23位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    18位
    アクセスランキングを見る>>