記事一覧

    アパレルの原価率は30%前後が標準とされる中、ワークマンは65%の脅威

    原価率というのは売上に占める商品原価の割合を指す。
    原価率が高ければ高いほど、消費者にとってはお得な商品となるが
    販売店としては利益が減り、数をこなさなければならなくなってくる。
    実際には販売管理費、おもに人件費がかかってくるので
    利益は非常に少なくなってしまう。

    あきんどスシローの寿司においては原価率平均50%ほどと言われている。
    トロ、ウニ、いくらあたりは100%近い模様。

    アパレル業界での平均的な原価率は30%程度のようだが
    ワークマンは驚異の65%を公言している。
    値段の割りに品質のいい商品を提供している証だ。


    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    107位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    66位
    アクセスランキングを見る>>