記事一覧

    ねんがんのマスクをてにいれたぞ!

    ニア そうかんけいないね
        ゆずってくれ、たのむ!
        殺してでもうばいとる

    やべえ選択肢が混ざっとるな。

    元ネタのロマサガ1ガラハドさんは何の抵抗もなくやられてしまったが
    ミンストレルソングでは普通に戦闘になって吹雪をぶっ放してくる。
    まあそれが普通だよな。

    まあマスクでそんなことはないものの、オークションやフリマで
    高値で販売されているので超絶プレミアな価値となっている。

    神戸赤十字病院では備蓄庫から盗まれたらしいし
    そのうち刃傷沙汰(にんじょうざた)が起きてもおかしくはない。

    現在の相場としては通常の不織布マスク1枚につき
    100円ほどであろうか。
    元々の販売相場は1枚10円ほどなので
    少なくとも10倍ほどになってしまっている。

    新型コロナウイルス、コビド19を含むウイルス感染においては
    マスク着用はさほど予防効果は高くないとされる。
    マスクは口と鼻を隠せるがプリーツマスクの隙間はウイルスサイズは
    10nm(ナノメートル)~1000nm程度であり
    一般的な生物の細胞(数〜数十µm)の100〜1000分の1程度の大きさであるため
    空気中を漂うウイルス(エアロゾル感染、空気感染)には無力である。
    また、目の粘膜からも侵入するがメガネでは十分に防げないし
    ゴーグル装着もなかなか難しい。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    102位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    62位
    アクセスランキングを見る>>